就職&デビュー


2014年度 フジテレビ合格:永島優美さん(関西学院大学卒業)

メッセージを読む

セイアカデミーでは1年半、アナウンスを勉強しました。片山学長をはじめとする講師陣の方々に、様々な側面からご指導を頂き、自分の苦手な技術やお喋りの癖を明確に知ることができました。 レッスンの前にも、必ずiPhoneなどに自分の声を録音して予習をしていました。前に録音したものと聞き比べたりもし、「上手に読めるようになってきたかな」と思えると、楽しくなってくるし、自信もつくし、もっともっと練習しようという意欲も湧いてくる。 片山学長にも「この場だけがレッスンではないよ」とよく仰って頂きましたが、まさに予習は大事だと実感しました。 セイアカデミーで勉強したことが自分の自信になっています。 「あのとき、先生にああ言ってもらえたのだから大丈夫だ!」という、その“安心感”と“自信”で採用試験を乗り切ることができたのです。
また、セイアカデミーでは、放送局のアナウンサーの方(特別講師)と出会えたことも大きく、合格までずっと応援して頂きました。その先生に、採用試験まで必ず続けるようにと言われたのが、「毎日、新聞の一面記事を声に出して読むこと」でした。 最初は、新聞を読むなんて簡単なことだと思っていましたが、これが意外と難しい。難しい出来事や言葉がたくさん出てくる。 しかし、分からないことはその都度、調べるようにしていたので、時事問題に対する意識が深まりました。また、初見で原稿を読むという力も身に付いたと思います。 その内、新聞を声に出して読むことが徐々に習慣化し、読まないと眠れないようにまでなったんです(笑)。 今日はシリアスな報道アナウンサー、今日は明るくスポーツニュースを、と意識しながら楽しく続けたのも良かったのかもしれません。 おかげで自信を持って、採用試験に臨むことができました。 皆さんにもぜひお勧めします!


2017年度 朝日放送合格:津田理帆さん(大阪大学卒業)

メッセージを読む

「ありのまま、私らしく。」
私が面接を受ける時、常に意識していた事です。 緊張のあまり平常心を保つのも大変な中、周りの人達が輝いて見えて一気に自信を失う事もあると思います。私もそうでした。「なんで周りの子はこんなにハキハキしてるんだろう?緊張してないのかな…?」とよく思いました。でもそれはきっと皆同じ。だからこそ割り切って、“私らしくいればいいや”と思っていました。演じた自分でいる方が余計に自分自身を緊張させてしまう気がしたからです。すると、不思議と気持ちがとても楽になり、緊張も少し解けて普段通りの自分でいられました。その結果、面接官との会話も自然に楽しむ事が出来ました。 “ありのままで、自分らしく” 是非自分らしさを追い求めてみてください!きっと良い方向に向かうはず!少しでもこの言葉が皆さんのお役に立つ事が出来れば嬉しいです。


2017年度 CBC合格:田中優奈さん(同志社大学卒業

メッセージを読む

セイアカデミーでは、基礎的な発声・発音のご指導はもちろんですが、試験前の面接対策もすごく丁寧にしていただきました。小さな悩みや不安にもしっかり対応していただいたので、自信を持って試験に臨む準備ができました。 また、在阪局の現役アナウンサーの方々にも授業を通してお話を聞く機会があり、調べてもわからないような具体的なお話もしてくださるので、アナウンサーのお仕事に、より魅力を感じるようになりました。
これから試験に臨む方にはぜひ、ありのままで臨んで欲しいと思います。 相手に良く見られようと、背伸びしをして良いことばかり並べても、会社に入ってから自分を苦しめるんじゃないかなと思います。 ぜひ、良いところも悪いところも含めて自分はどんな人物か知ってもらいたいという気持ちで臨んで欲しいです。 私自身、自分らしく、飾ることなく試験に臨むようになってから会話が弾むようになり、試験も自然と楽しめるようになりました。 この言葉がみなさんの就職試験に少しでお役に立てればと思います。


2017年度 九州朝日放送合格:岡田理沙さん(甲南大学卒業)

メッセージを読む

高校生で放送部に所属していた頃から、ぼんやりと「将来は放送業界で働きたい!」と思っていました。大学生になり人前に立つ機会を経験し、その思いは「アナウンサーになりたい!」という夢へ変化していきました。その時に出会ったのが、セイアカデミーです。数あるアナウンススクールの中からセイアカデミーを選んだ理由は、講師陣がとても充実していたからです。在阪局でアナウンサーを経験した方、地方局からフリーに転身した方、ラジオDJを専門とされている方、報道記者としての経験を積まれた方など…。それぞれ全く違う人生を歩んできた先生方からのご指導・アドバイスを頂けることで、レッスンの度に自分でも気づかなかった自分の一面を知ることができました。初めてセイアカデミーに「見学をさせて頂きたいのですが…」と電話をかけた時、とても緊張したことを覚えています。しかし、あのとき勇気を出して行動して良かったと本当に思います。夢を現実に変えるために、ぜひセイアカデミーに足を運んでください。


2017年度 高知さんさんテレビ合格:石井愛子さん(近畿大学卒業)

メッセージを読む

私は、小学校の卒業式に全生徒の前で「アナウンサーになります!」と公言してから、自分が抱いた夢に向かってひたすら走り続けてきました。セイアカデミーでは、今まで漠然としていた「夢」が現実のものになるかもしれないという、期待で胸がいっぱいになっていたのを覚えています。授業では、基本である発声・滑舌の練習から原稿読み・フリートークの技術までを片山学長をはじめ講師陣の方々が丁寧に教えてくださり、毎度、自分の課題を見つけては、次回までに克服できるようにと心掛けていました。 家では、新聞の音読を欠かさず続け、祖父に聞いてもらうという習慣をつけていました。また、自分の声を録音して聞くことで、「人に私の声はどのように聞こえているのか」を常に意識することができました。それは、自分の声ときちんと向き合うことがいかに大切なことであるかという事を知るきっかけにもなりました。 セイアカデミーに入塾して、一番良かったことは、同じ夢に向かって頑張る「同志」に出会えたことです。採用試験は体力だけでなく精神力も強くないと本当に厳しいものでした。しかし、そんな中で同じ境遇にいる者同士だからこそ分かる気持ちがあり、それが私にとっては心の支えとなっていました。ですので、是非とも後輩の皆さんにも、セイアカデミーで、「同志」をたくさん見つけてほしいと思っています。そして、最後の最後まで諦めないことが大切です。どんなことがあっても挫けず、自分の信じた道を突き進んでください!


2017年度 さくらんぼテレビ合格:松井千織さん(同志社女子大学卒業)

メッセージを読む

私がアナウンサーの内定を頂いたのは、大学4年生の2月下旬で、入社する直前でした。就職活動を1年以上続けていましたが、なかなか内定がもらえず、上手くいかないことがほとんどでした。ですが、後で「あの時受けていたら」という後悔をしたくないために、諦めず、受け続けていたのだと思います。 今思い返せば、上手くいかなかった頃の自分は自信がなく、取り繕っていたように思います。 ですが、内定をいただけた局では、なぜかリラックスすることができました。 これから就職活動をする方々は不安で、周りの方がおっしゃるアドバイスの意味が、理解できないこともあると思います。私がそうでした。「ありのままって何?」「着飾らないって何?」とずっと思っていましたが、それが行動に起こせたとき、いい方向に繋がると確信しています。だから、上手くいかなくても自分を思い詰めず、少しでも楽しみながら就職活動をして頂けたらなと思っています。


2016年度 中京テレビ合格:上山元気さん(関西学院大学卒業)

メッセージを読む

セイアカデミーは、@片山学長をはじめ、各分野を専門にされている先生方に教わることができるA特別講師として放送局のアナウンサーにお越しいただき、直接ご指導を賜ることができるB事務局の方々が、抜かりなく採用情報を発信してくださることをはじめとしたサポートで、受験者は余裕を持って準備をすることができるC同じ夢を目指す仲間と切磋琢磨することができるのが魅力です。そんなセイアカデミー、私にとっては“日々の練習の成果を発表する場”でした。@先生方に指摘された点を家に持ち帰って練習A次回の授業でその点を克服できたのかを先生方に見ていただくのがルーティーンでした。その結果、私が生まれ育った土地特有の訛りが抜けたり、楽しくフリートークができたりなど、少しずつ成長できたように思います。また、就職活動中は“データ放送のニュースページを音読すること”を日課としました。そこに掲載されているものは、ほとんどが放送で用いられた原稿と同じです。音読することによって、ある程度の言い回しが理解できるだけでなく、時事問題も習得することができました。  アナウンサーを目指す上で一番大切なことは“輝き”だと思います。現役のアナウンサーはもちろん、アナウンサーに内定をもらった同期たちも輝いているように見えます。「自分はアナウンサーになるんだ!」という熱意と同時に、“輝き”を持って就職活動に臨めば、必ず良い知らせが来ると思います。


2016年度 山口朝日放送合格:川北円佳さん(同志社女子大学卒業)

メッセージを読む

セイアカデミーに入ろうと思った一番の理由は、経験豊かな特別講師の方々のレッスンを受けられることに魅力を感じたからでした。 大学生活で現役のアナウンサーの方のお話を直接聞ける機会は少ないので、とても貴重な時間だと思います。また、レッスン中は様々な角度からアドバイスしていただけるので、 自分の欠点が見えてきました。自分の癖やイントネーションは人に注意してもらわないと気づけないので、もし迷っておられるのでしたら、通われることをお勧めします!
【後輩の皆さんへのアドバイス】
大したことは言えませんが、最後まであきらめず一生懸命取り組むことが大切だと思います。アナウンサーになりたいという強い思いがあるのなら、あきらめず挑戦していただきたいです。もし自分とはあまり縁のないテレビ局で不安を感じる場合は、"なぜアナウンサーになりたいのか"に加えて、"なぜその土地がいいのか"を語れるように準備しておくとその熱意が相手にも伝わると思います。そしてアナウンサー受験で一番大切なのは笑顔、元気良さ、明るさです☆どんな試験も全力で楽しんで下さい。応援しています!


2016年度 岩手放送合格:清水康志さん(甲南大学卒業)

メッセージを読む

私がアナウンサーを仕事として志したのは、大学2年から3年になろうとしている時でした。大学で体育会部活動に所属していたため、練習終わりでセイアカデミーに通っていました。正直しんどかったですが、通い始めてすぐに周囲とのレベルの差を感じ、もっと頑張らなければと自分を奮い立たせ、レッスンを続けることができました。ダメダメな生徒だったので、私自身、入学した頃は本当にここまで上達すると思いませんでした。うれしい誤算です(笑)
今、入学を迷っている人に言いたいことがあります。合格できるかどうかは、自分の気持ち次第です。やる気があれば練習しますし、なんとかなります。セイアカデミーで練習した私は何とかなりましたよ!大変お世話になりました。また、良い出会いにも恵まれました。一緒に就活を戦ったクラスメイトは、今となってはかけがえのない仲間です。どうか、皆さんも今を一生懸命に生きてください。


2016年度 NHK和歌山局 合格:坂本七菜さん(関西学院大学卒業)

メッセージを読む

私は大学二年生の時、アナウンサーになりたいと思うようになりました。 しかし、同じくらい「私にアナウンサーは厳しいかな」「なるためには先ず何から始めたらいいかな」など不安がたくさんありました。そして、そんな時に出会ったのがセイアカデミーさんでした。初めて緊張しながら向かった教室では本気の同志がたくさんいて圧倒されたのを思い出します。そして、そんな同志は今では、最後までお互いに励まし合いながら頑張った最高の仲間となりました。また、頑張っても頑張っても試験がうまくいかず、もう諦めようかと思った時に声をかけ続けてくれたスタッフの方、講師の方の存在は本当に大きく感謝してもしきれません。最後の最後まで私を信じてくれ(私自信以上に!)、励ましてくれました。 こまめなアドバイスや適切な授業は私の安心材料となり試験でも大いに役に立ちました。 セイアカデミーさんで私は質の高い授業での技術向上はもちろん、ともに頑張る同志、最後まで支えてくださったスタッフの方、講師の方との出会いに恵まれました。


2015年度 山陽放送合格:津田健太さん(大阪大学卒業)

メッセージを読む

私にとってセイアカデミーは「夢を追いかける場所」でした。アナウンサーになると決心した3年生の春から、ここ南森町で講師陣の方々や志を同じくする多くの素敵な友人に出会えたことで、これまでにないくらい自分と向き合い、何倍も大きく成長することが出来たと実感しています。時には友人達と勉強会を開催し、カメラを回して自分の姿を批評しあったり、模擬面接をしたりと切磋琢磨しました。 採用試験は、技術はもちろんですがハートの方が大切な気がします。自信を持って堂々と振舞える、しっかりとした自分が出せるというのは、これまでに積み重ねてきたものがあるからだと思います。私の場合は、これまでにないくらい自分と向き合った時間と、お互いを認め合った友人たちの存在が大きな自信となりました。 セイアカデミーの良さは、@体系化された、しっかりとしたカリキュラムと豊富な講師陣の方々、A親身になって下さるスタッフの方々の充実したサポート、更にB魅力的な仲間と切磋琢磨出来る環境があることだと思います。その3つが調和して私は高いモチベーションを保つことが出来、練習を重ねる毎に自信を積み重ねることが出来ました。


現・WOWOWアナウンサー:吉年愛梨さん(同志社女子大学卒業)

メッセージを読む

セイアカデミーでは、苦手だったエントリーシートや作文の添削を何度も丁寧にして頂いたり、就職活動の悩み事・相談をじっくり聞いてもらったことに、とても感謝しています。 「いつか私にも順番が回ってくる!」と思い、頑張り通した採用試験。内定の電話を頂いた時の喜びは、今でも忘れられません。 これからアナウンサーの採用試験に挑戦する皆さんにも、努力が報いられるその瞬間を味わって欲しいなと思います。
【後輩へのアドバイス】 ●採用情報が出た放送局のエントリーシートは、すべて出すようにしましょう。 ●また、毎年夏に行われる各局のアナウンスセミナーにも必ずエントリーしましょう。 ●地方局を受験する場合は、前日入りしてその土地を知るということも大切です。 そこで見たこと、聞いたこと、感じたことを、面接でも熱意をもって伝えましょう。 ●そして、面接自体を楽しみましょう。物怖じせず、思い切って開き直ることです。


局アナ合格者一覧
2017年度 朝日放送:女性(大阪大学)
2017年度 CBC:女性(同志社大学)
2017年度 九州朝日放送:女性(甲南大学)
2017年度 高知さんさんテレビ:女性(近畿大学)
2017年度 さくらんぼテレビ:女性(同志社女子大学)
2017年度 NHK高知:女性(京都女子大学)
2017年度 萩ケーブルテレビ:男性(関西大学)
2016年度 中京テレビ:男性(関西学院大学)
2016年度 山口朝日放送:女性(同志社女子大学)
2016年度 IBC岩手放送:男性(甲南大学)
2016年度 NHK和歌山:女性(関西学院大学)
2016年度 NHK札幌:女性(武庫川女子大学)
2015年度 山陽放送:男性(大阪大学)
2015年度 山陰放送:女性(ノートルダム清心女子)
2015年度 NHK広島:女性(関西学院大学)
2015年度 NHK新潟:女性(神戸市外国語大学)
2015年度 ケーブルTV:女性
2014年度 フジテレビ:女性(関西学院大学)
2014年度 キー局:女性
2014年度 NHK帯広:女性(神戸大学)
2014年度 NHK長野:女性(神戸女学院大学)
2013年度 岐阜放送:女性(関西学院大学)
2013年度 NHK北九州:女性(同志社大学)
2013年度 青森放送:女性(同志社女子大学)
2012年度 大分朝日放送:女性(神戸女学院大学)
2012年度 南海放送:女性(大阪大学)
2012年度 山形テレビ:男性(関西学院大学)
2011年度 あいテレビ:女性(武庫川女子大学)
2011年度 瀬戸内海放送:女性(神戸女学院大学)
2010年度 NHK徳島:女性(同志社大学)
2010年度 静岡朝日テレビ:女性(同志社大学)
2009年度 秋田放送:男性(立命館大学)
2009年度 秋田放送:女性(同志社女子大学)
2009年度 福井テレビ:男性(岡山大学)
2009年度 NHK:女性(大阪大学)
2009年度 大館ケーブルテレビ:女性(大阪芸術大学)
2008年度 NHK熊本:女性(神戸女学院大学)
2008年度 広島ホームテレビ:女性(大阪外国語大学)
2008年度 北陸朝日放送:女性(大阪外国語大学)


放送局一般・総合職 合格者一覧
2017年度 テレビ朝日:女性(大阪大学)
2017年度 毎日放送:女性(関西学院大学)
2017年度 鹿児島読売テレビ:男性(立命館大学)
2017年度 準キー局:女性
2017年度 北海道の放送局:女性
2017年度 福岡の放送局:女性
2016年度 毎日放送:女性(同志社大学)
2015年度 RKB毎日放送:女性(大阪大学)
2015年度 OBS大分放送:女性(大阪大学)
2012年度 北日本放送:女性(大阪府立大学)
2012年度 朝日放送:女性(関西学院大学)
2008年度 読売テレビ:女性(関西学院大学)






Kiss-FM KOBE/広島FM/FM OSAKA
目標を持ちましょう!
そして、その目標に 近づくために今、何ができるか考えましょう!
"Just do it!" そうすれば次にやるべき事が みえてきます!



FM OSAKA/J:COM/ABCラジオ
「なんとしても喋り手になりたい」というハートの強さがポイントだと思います。
とにかく、行動してみては?悩むことは、走りながらでもできますよ!



朝日放送/ラジオ関西/アリーナDJ
継続は力なり!努力を怠らなければ、きっとチャンスはめぐってくるハズです!
セイアカデミーは、すばらしい仲間が多い!良い友人、良いライバルを作り、切磋琢磨し、お互いを高めあってください!!


FM OSAKA/MBSラジオ/α-station
新しい世界はいつも自分さえ知らなかった私を見せてくれます。
ちょっと自分を信じてあげて一歩踏み出せば、あとは…なるようになります!ハイ!!



関西テレビ/FM802/スタジアムDJ
アカデミーは自分の喋り手としての在り方を発見できる場所。 キッカケを与えられたら、後は自分のスキルを自分で高めるだけ。どれだけスキルを上げられるか、思う存分勝負してください!



@FM/Kiss-FM KOBE/FM滋賀
時には嫌な自分と向き合い涙することもあったし、逆に新たな自分を発見することもありました。
ここで色んな人と出会い、多くのことを学んだ一年は私の宝です。